コミュ障は営業に向いてない!←単なる思い込みである理由

・コミュ障は営業に向いてない!ですよね?
・話すのも不得意で、人とのコミュニケーションも苦手、そんな人営業には向いてない!

「コミュ障≠営業」
このように考える人は大半ですが、でもこれは単なる思い込みです。

【理由1】コミュ障でもコミュ力は鍛えられるから
【理由2】営業に話の上手さ(トーク力)は必要ないから
【理由3】仕事で他人に興味なんて持たなくていいから

参考:「コミュ障は営業に向いてない」は単なる思い込み【3つの理由と対策も解説】

その理由は上記の通りで、特にコミュ障でもコミュ力は鍛えられます。
鍛えられるので、コミュ障であってもコミュニケーション能力はあげられます。

さらにいえば、営業の仕事自体トーク力は不要。
必要なのは相手の話を引き出すための聞く力、聞き上手であるかどうかです。

コミュ障は基本的に話すのが苦手、でも聞くのは得意という方が多い。
なら、むしろコミュ障は営業向きととらえることもできますよね。

なので、コミュ障は営業に向いてない、は単なる思い込み。
今まさにコミュ障で営業の仕事に悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください!