永野芽郁ちゃんコロナで撮影ストップ

ハコヅメの撮影が止まってしまったみたいですね。
永野芽郁ちゃん、無事に復帰してくれたので、また撮影が開始されると思いますが、とりあえず無事でよかった。
毎回ハコヅメを見ている感想としては、大げさな面もあるけど、でもさすがに作者さんが警察官だったと分かる作品という感じでしょうか。
ドラマの中にいる人たちが病気になってドラマの撮影が止まる。ハコヅメに限らず、他のドラマもこれからどうなるか分かりませんね。
これは実社会でも確実にある事で、会社が大変な事になる前にコロナの感染拡大がおさまる事を願ってやみません。
そうそう、TOKYO2020の新種目に導入された「空手」で沖縄の喜友名選手が男子形で金メダルをもたらし、沖縄県勢初のオリンピック金メダル獲得という暖かいニュースも拝見しました。ここ数年、空手はオリンピック参入を目指し、様々な変化を遂げていきました。
この形種目においても、昔は採点方式でしたが、フラッグ方式、そしてここ数年でまた採点方式(フィギュアスケートのよう技術点・競技点での採点)へと変わりました。目指すは「誰が見ても分かりやすいように」でした。
審判の採点技術も求められ、国内でも形競技の審判はとても大変なものとなりました。
今回のオリンピックで多くの方々に認知して頂いた空手。
しかし2024年のパリでは空手は不採用。ルールだけ多く変わってしまい、これからの空手の未来が心配されています。
ここからどうなる空手。