社内SEに転職すると後悔する?後悔する人の特徴を教えてほしい!

・社内SEに転職すると後悔する?後悔する人の特徴を教えてほしい!
・そもそもなぜ社内SEに転職して後悔なんかするの?人気のエンジニアなのに。

仕事には必ず向き不向きがあります。
社内SEにも向き不向きはあって、後悔する人もいます。

ではどんな人が後悔するのでしょうか?
実際に、実体験や客観的な情報から評価してみると、

【後悔1】ベンダーとの折衝よりシステム開発に携わりたい人
【後悔2】社内コミュニケーション(調整)が苦手な人
【後悔3】最先端の開発スキルや実務経験を積みたい人
【後悔4】ジェネラリストではなくスペシャリスト向きの人
【後悔5】安定より挑戦できる開発環境で成長したい人

参考:社内SEに後悔する人の特徴5選とおすすめの転職先【ブラック・つまらない】

上記のような人は比較的後悔してしまう人生を歩みます。

特徴としては、管理部門より開発に移りたい方。
高度なプログラミング技術を身につけ、コードを書きたい方が社内SEに転職して後悔します。

それもそのはず、社内SEは社内の調整役。
コードをかりかり書くようなポジションではありません。

つまり、理想と現実のはざまで後悔する人が多いようです。
今まさに社内SEでくすぶっている方は、ぜひ参考にしてみてください!